FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

日本の食の安全は??? 

最近、ミートホープのひき肉偽装事件から
食の安全がメディアでとりあげられている。

でも、どうして国内のことや米国からの輸入に
ついてはとりあげられないのだろう。


先日、ワイドショーでは中国野菜の農薬漬け
をとりあげていて、コメンテーターは野放しに
している中国政府をいっせいに非難していた。


番組では、日本の税関での抜き打ちサンプルも、
サンプリング調査している間に同じ有害物質の
はいった食品が市場にでまわっているという
のもとりあげていたし、日本政府が規制して
いる有害物質以外の有害物質もあるということ
にもふれられていたのに。


日本の食の安全はどうなの?と疑ってしまう。

少し前に、かおりさんのブログからとんでいった
つながっているこころブログの「ナイブコクハツ」
という記事によると
http://cocorofeel.exblog.jp/6988098/


JAS認証のとれた有機栽培米を作る農場での、
JAS検査後のモンサントの遺伝子組み換えの
ラウンドアップ(除草剤)が使われているという。

JAS認証は唯一、信用できると思っていたのに
この国の農業は何を信じていいやら・・・。


下記にグリーンピースのプレスリリースから
転載します。


=====転載開始=========
2007年7月4日
グリーンピース・プレスリリース


遺伝子組み換えトウモロコシMON863の
即刻回収を!

――グリーンピース、食品安全委員会・
厚生労働省・農林水産省に要求


国際環境保護団体グリーンピース・ジャパンは、
6月25日、食品安全委員会、厚生労働省、農林
水産省に対し、日本で食品や飼料として認可
されている遺伝子組み換えトウモロコシMON863は
安全性の評価が不十分であるため市場から即刻回収
するよう求める要請書(注1)を送付した。


要請書では、また、現行の遺伝子組み換え作物認可
の安全性評価システムの見直しが行われるまで
すべての遺伝子組み換え作物の認可を停止するよう
求めている。


米国大手農薬会社モンサント社の開発による遺伝子
組み換え殺虫性トウモロコシMON863は、今年3月、
フランス・カン大学などの専門家チームの研究に
より毒性が確認され、その実験レポートが、
米国専門誌(Archives of Environmental
Contamination and Toxicology)(注2)に
発表された(注3)。


同レポートでは、ラットを使った実験でMON863は
肝臓と腎臓への毒性作用の可能性があること
を明らかにしている。


日本の食品安全委員会はこの研究資料に対し、第47回
遺伝子組換え食品等専門調査会(2007年4月16日)は
検討を行い、引き続き審議を行なうとしているが、

日本では、2002年食品と飼料への使用が認可されている。

したがって、MON863が現在流通している食品に使用され
ている可能性もある。


「現行の安全性評価は、フランス・カン大学などの
専門家チームの研究結果によってシステムの不備が
露見した」と、グリーンピース・ジャパン遺伝子組み
換え問題担当の棚橋さちよは語り、


「現行の安全性評価を早急に見直し、長期間の摂取を
含めた安全性の審査が確立するまで、すべての遺伝子
組換え食品に対する認可の停止をすべきである」と
訴える。


グリーンピース・ジャパンの要請書でまた、現行の
「遺伝子組換え食品表示法」は、消費者が遺伝子組換え
作物由来の原料が使われている食品かどうか正しい
情報が得られるよう改正すべきであるとしている。


同要請書に対し、厚生労働省医薬食品局食品安全部は、
食品安全委員会の審議を待って検討する旨、
グリーンピース・ジャパンに返答している。


「現在の表示基準では、コーン油やコーンシロップ
など遺伝子組換えトウモロコシが使われている可能性が
高い原料であっても、表示の対象外となっていて、
消費者には分からない。
安全性に問題がある食品の情報は消費者に正しく
伝えられるべきである」と、棚橋さちよは語る。


グリーンピース・ジャパンの独自の調査で、遺伝子組み
換え原料を使用していない食品と使用している食品を
記載した『トゥルーフード・ガイド』は、昨年9月の発
行以来、日本中の多くの消費者からの依頼が殺到し、
増版を重ねている。


グリーンピース・ジャパンはまた、「遺伝子組み換え
食品いらないキャンペーン」(東京)などの他団体
とともに遺伝子組み換え食品表示法の法改正を求める
100万人署名活動を行なっている。


(注1)要請文 
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/documents/doc070625.pdf


(注2)米国専門誌
Archives of Environmental Contamination and Toxicology
http://www.springerlink.com/content/02648wu132m07804/?p=ea66d8e4ae5d46a6909d7756def2df7a&pi=18


(注3〕2007年3月13日付けグリーンピース・ジャパン
プレスリリース参照
http://www.greenpeace.or.jp/press/releases/pr20070313_html


お問い合わせ:
特定非営利活動法人グリーンピース・ジャパン
遺伝子組み換え問題担当 棚橋さちよ 
(直通 03-5338-9809 携帯 080-5416-6507)
広報担当  村上京子
(直通 03-5338-9886 携帯 080-5088-3048)
_______________________________________________
グリーンピース・ジャパン プレスリリース
以前のプレスリリースはhttp://www.greenpeace.or.jp/press/


===転載終わり===


★遺伝子組み換え食品表示の法改正を求める
百万人署名がはじまっています。
まだの方は是非おねがいします!
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/activity/shomei


====================

なかなか変わらない:食品偽装とジェンダーギャップ
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1622412


有吉佐和子 複合汚染 Part4:火薬、肥料、毒ガス、農薬、戦争
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1607481


ファクトリー・ファーミング(工場畜産)
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=925823

ほんまもんの食べ物
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1500447


遺伝子組み換えで誰が得する?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1410801


遺伝子組み替え菜種5府県で自生
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1113920


ストップ 遺伝子組み換えナタネ汚染
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1057263


フランケンシュタイン?になる?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1043598  

スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 4   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ