FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

「複合汚染」Part2:殺虫剤、官僚機構、安全 

有吉佐和子複合汚染」新潮文庫(1979年)から
気になったところを転載します。

=========
BHC 殺虫剤 P102〜104
・・BHCという殺虫剤について言えば、日本人は
アメリカ人の数十倍のものを体に蓄えてしまっている。

米作地帯で最も多く使われたのがBHCであったから
であり、それほど多量に農作物および農土に散布され
ていたからである。 ・・・


BHCはヨーロッパの学者が合成したものだが、それ
は日本でいえば江戸時代に当たる頃である。(1824年)

第2次大戦の最中に英国がこの物質の殺虫効果を発見し、
日本が戦争に敗けた年から石炭や石油を原料にして
大量生産を始めた。


日本には戦後2年目に導入され、たちまち12の企業の
手で生産され、農村に送り出された。・・・


BHC原体の中で殺虫効果が抜群なのはガンマー
BHCであり、このBHCは比較的分解が早く、
人間の体に入っても数日間で腎臓から排斥される。
だからガンマーBHCは体に蓄積されることがない。


BHC原体からガンマーBHCだけ取り出すのは
非常に簡単であるにもかかわらず、日本の農薬会社は
その手間と経費を惜しんでアルファもベーター
も混じったBHC原体をどんどん農村に売ってしまった。

アルファBHCも、ベーターBHCも、殺虫効力はないに
等しいが、分解しにくいので人体には残留する。
もちろん土にも残留する。
・・・


彼らをチェックする期間は、農林省と厚生省だが、
彼らは欧米諸国で使われているBHCはガンマーBHCで
あることを知っていても、何の手もうたなかった。

外国はガンマーBHCに限って使用許可をだしているので、
日本のような汚染問題は起きていない。
・・・

日本のBHCは1971年にようやく使用禁止になったが、
土におびただしくしみついた残留汚染がほぼ消える
までガンマーBHCでも6年半かかるといわれている。


P109
日本におけるBHC農薬は、いきなり農家の人たちに、
その及ぼす危害について何も知らせず、無差別どころ
か強制的に押し付けられたといっていい。


農家の人たちは、農林省ならびに農協および農薬会社
を信用し、科学を盲信して、世界で最も質の悪いBHCを
ふんだんに農地へ散布してしまった。


その中の十数パーセントしか効力がないのも知らず、
8割以上は無意味でただ危険だということも知らず、
青い稲に吹きかけ、稔る前に吹きかけ、おかげで害虫が
出なかったと感謝をこめて、1匹も虫のいない農作物の上
にも撒いてしまった。

・・・


アメリカの真似ならなんでもする愛すべき日本国では、
(DDTは)アメリカ全土が規制して1年後に全面禁止になった。
アメリカでは綿花の栽培と森林業に限って除外例を設けたが、
日本は全面的に禁止してしまった。


日本人は完全主義者なので、使うとなれば世界のどこより沢山
使うし、やめるとなればなんでも全面的にやめてしまう。
BHCもドリン剤も同じ年に一斉に全面禁止になった。
人体に蓄積しないガンマーBHCも除外しなかった。


1971年に禁止されたDDTとBHCが、それまでに日本の
農地に叩き込まれた量は、耕地面積当たりでアメリカと
比較すると実に6、7倍という驚くべきものであった。


「どうしてこんなことをしてしまったんでしょうね」
私がため息をつきながら聞くと、
専門家は、
「売れば儲かる人たちがいたからでしょう」と憮然
としながら答える。


「農薬会社ですか」
「どれと、農協がマージンをとります」
「ははあ」
「農業協同組合によっては農薬の製造も手がけて巨大な
 複合産業体になっているところもありますからね」

「しかし農協を監督する立場にいたのは農林省の
 行政官じゃありませんか」
「官僚機構というのは誰も責任をとらないですむ
 ようになっていますよ」


*この文章をよんで、少し前にドキュメンタリーで
していた関東でのヘリコプターで農薬散布のことを
思い出した。こんな狭い日本なのに、ヘリコプターで
散布すると聞いただけで、周辺汚染が懸念される
が、そのドキュメンタリーでは周辺住民の化学
物質過敏症がとりあげられていた。


BHC
http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=2230


行政システム P137
筆者が日本に輸入される穀物について、農薬の検査
がどこでやっているか尋ねたところ


1.農林省植物防疫課:植物についている害虫の
           チェックが仕事
    ↓
2.農林省食糧庁輸入課:輸入する穀類の名称や
           数量なら答えられるが。
    ↓
3.農林水産技術会議総務課:食糧庁輸入課で
   わからないなら、こちらでもわからない。
    ↓
4.通産省輸入課:農薬は関係ない。何をどれだけ
   いれるかという仕事をやっているだけ。
    ↓
5.厚生省食品衛生課:食品衛生法では第16条で
   輸入の届出を義務付けています。
    ↓
6.厚生省食品衛生監視委員事務所
   たった一人の食品担当専門官が
  「農薬の検査ですか。やらなければと思っています
   が、この事務所だけでも年間3万件をオーバーして
   いますのでね。


*この執筆から約30年以上もたった今、状況は少し
ましになっているようだが、安全チェックには、
管理コストもかかる。

監視は、何のしがらみもない専門スタッフのNPOで
行うほうがいいと思う。


食べる物だけに関わらず、最近のジェットコースター
事故、公園の遊具事故、プールの事故、エレベーターの
事故などでも 同じような社会システムの構造がある。
多くは規制もなく、自治体で管理されており、事故など
の情報の共有が他の自治体となされていないとのこと。


政府:輸入食品監視業務HP
http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/tp0130-1.html


5月10日追記 まえにshinjiさんに教えてもらったコンパニオンプランツ
(仲良し草?)、農薬を使わず、草取りでしないで植物を育てる方法が
この本にも書かれていた。

参考
http://www3.loops.jp/~lwb/prevention/index.html

============

「しかたがない」を あなたの辞書から追放しよう!
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1176279

有吉佐和子「複合汚染」 Part1
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1605113

Part3: みみず につづく
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1606158

Part4:火薬、肥料、毒ガス、農薬、戦争
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1607481

Part5:最終回 食品添加物、PCB,ファクトリーファーミング
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1618925

スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 6   tb 0   page top

有吉佐和子「複合汚染」Part1 

shinjiさんお薦めの有吉佐和子「複合汚染」
新潮文庫(1979年)を図書館でかりてきて
よんだ。

この本の内容は、1974年10月14日から翌年
よく75年6月30日「朝日新聞」朝刊の小説欄
に連載されていたものとのこと。

ネットで情報がはいる今でさえショックな内容
が含まれているのに、当時ではもっとショック
な内容で、バッシングも多かったと思う。

30年くらいも前に発売された本であるが、
知らないことばかりで、最近ガンで
なくなった農家育ちの義母のDDT経験や
添加物、そして義母の親、兄弟の晩年の
死因がガンなどから考えて、この本のタイトルの
とおり「複合汚染」を身近に感じる内容だった。


環境問題の本といえば、レイチェル・カーソン
の「沈黙の春」がバイブルのようなものだけど、
有吉佐和子は学者ではなく、小説家なので
この本は、「沈黙の春」とは違い、身近に読者
に近い目線で興味深く、わかりやすく、環境問題
について問題提起してくれている。


また、はなしが選挙運動というところから
はいっているところもおもしろい。
今は、民主党でおじさんの管さんの若い頃が
ちらっとでてくる。


おどろいたのは、農協で当時ではめずらしい
欧州旅行をしていたおじさんたちは、実情は
金持ちでもなんでもなく、化学肥料や機械を
購入するために日々の農業の暮らしは苦しく、
旅行は農協の積立金でまかなわれ、内容は
欧州が農業国であるにもかかわらず、観光地
だけ回るという単なるおしきせのものだった
とのこと。


それから、洗濯といえば子供のころから洗濯機で
合成洗剤というのがインプットされていたけれども、
粉石けんが合成洗剤よりよく落ちて、環境負荷も
すくなく当時は価格も安かったというのもおどろき!


この本の影響でさっそく近所のスーパーで
みたら粉石けんもちゃんと売っている。
今、ストックしている合成洗剤がなくなった
ら、粉石けんにしようと思う。


シャンプーにも粉石けんがいいよう。
最近、立ち読みした本によると、頭皮から化学物質が
体に浸透するという事が指摘されているらしい。

この本でも美容師が粉石けんシャンプーから、シャンプー
にかわった時に、シャンプーをしている人の手があれ、
指紋がなくなっていくという話が紹介されていた。

いきつけの美容院は、環境負荷がすくないシャンプー
などを使っている。
私の担当のスタイリストさんによると、市販のヘアーカラー
は、通常、美容院のものより化学物質の影響がつよいらしい。

石鹸シャンプーについては、ものにもよるだろうけど
落ちすぎてフケが増える可能性もあるかもと。

義母のガンから、以前より増してなるべく化学物質を
軽減したい私は、この間、美容院でデトックス・マッサージ
をしてもらった。


また、高度成長期の自動車産業を飛躍的に伸ばした
のは、米国のカリフォルニア州の排ガス規制
マスキー法導入によるホンダと東洋工業(現マツダ)
が開発した低公害のCVCCエンジンは有名な
話である。

しかしながら、同時期、日本の大手自動車メーカーの
トヨタや日産は、2次公害の影響がある触媒方式を
おしすすめていた。


そして、日本の環境庁は「自動車のおかれている環境
がアメリカと日本ではことなる」として米国環境保護庁
(EPA)の勧告を無視しようとゆう風潮が強かった
という。


本田宗一郎氏は触媒方式の設計図を見ただけで2次公害
を予測し、「そんなもの作るくらいならオートバイ屋
に逆戻りしたほうがましだ」と言ったというのに。


*触媒方式:硫酸ミストを排出。触媒部分が故障して
  も運転に支障がなく、つまり排気ガスが規制以前
  と同じだけ出ていても誰も気づかない。(P473)


現在、日本ではガン患者が男性で2人にひとり、女性で
3人にひとりと言われている。
また、アトピーなどのアレルギー疾患の人も多い。
社会全体として、化学物質や添加物などの複合汚染と
どう向き合うか、またどんな社会をめざすのかを考える
させられるお薦め本です
★★★★★ぜひ、多くの人に読んでもらいたい1冊です。

下記は気になったところを本から転載します。


================
P55
「排気ガスの規制は、みんなの願いです。
 しかし、自動車の数を減らすことを、自動車
 を作っている会社は考えない。

 その企業から献金を受けている自民党は、
 だから自動車を減らすことはできません。

 それでは自動車工場で働いている組合の人
 たちはどうでしょうか。組合は会社にむかって
 ベースアップは要求しますが、自動車を減らせ
 とはいいません。

 企業も組合も求めている利益は同じです。
 組合は野党を支持しています。


 どの政党も組合の利益は守らなければならない
 ので、自動車を減らせとは言いません。

 それじゃ、排気ガスを吸っている私たちは、
 どの政党が守ってくれるのでしょうか。

 そういう政党は、ないのです。

 だから私は、参議院には無所属の議員を選らば
 なければいけないと思うのです。
 企業とも組合とも関係がない、お魚を食べている
 市民、排気ガスを吸っている市民の立場から
 立候補している人を選ばなければならないのです。」


**この間の統一地方選挙では、自民や民主の支持
 をうけながらも、「無所属」という候補者ばかり
 だったけれども、本当の無所属議員とは市民の
 立場から政策提言できる人だと思う。

=========
2007年6月14日追記

今日、キュウリを食べてて思い出したこと。
スーパーで売っているキュウリは まっすぐだけど、田舎で
畠でみるキュウリはまがっている。

このキュウリの曲がり方まで、農協は規格をきめてたという
のがこの本に書いてあって驚き。

田舎暮らしのメル友のミチルさんが、去年、規格外で安いから
と チビエンリンギを送ってくれた。
今も野菜はキュウリと同じ構造なんだなぁ。。。

===========
Part2:殺虫剤、官僚機構、安全 につづく
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1605117

Part 3: みみず
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1606158

Part4:火薬、肥料、毒ガス、農薬、戦争
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1607481

Part5:最終回 食品添加物、PCB,ファクトリーファーミング
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1618925
===========
自動車メーカー・ホンダがニ酸化炭素抑制の燃料開発
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1490580

トヨタの前に赤信号なし?
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1540136

category: サステイナブル

cm 5   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ