FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

☆平和と公正の選択を求めるネットワーク☆ 

「カナダde日本語」ブログのミニーさん
の国民投票法案のカラクリより
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-387.html

下記のへいこうせんのことを知りました。
今日、アップした記事は、へいこうせんメルマガ
からのものです。


私達、ひとりひとりは大海の一滴かもしれません。
しかし、一滴がゆるやかなネットワークで団結し
目的にむかって行動すれば、社会は動かせる
と思います。

へいこうせんメルマガから下記に転載します。


===============
◆へいこうせんアピールをぜひ広めてください

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「平和と公正の選択を求めるネットワーク
(略称:へいこうせん)」のアピール
「ほっとけない!改憲と庶民増税」        
 
 平和憲法を活かし、格差社会を公正な
社会に変えるために、選挙に行こう!   
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


 安倍自公政権は、先の国会で愛国心を
強要するために教育基本法を改定し、
防衛庁を防衛省に格上げし海外派兵を
自衛隊主任務にするなど、平和憲法の理念
を形骸化させかねない暴挙を行いました。

 さらに07年の通常国会では、共謀罪新設
と改憲手続き法(国民投票法)制定が
ねらわれています。

 平和を守り福祉と生活を豊かにすること
こそ、政治の本来の役割であるべきです。

 ところが、安倍政権には格差社会を是正
する方策は何らなく、逆に消費税増税など
の庶民増税と大企業減税、ホワイトカラー・
エクゼンプション(残業代ゼロ制度)など
をもくろむなど、庶民のくらしをますます
苦しめようとしています。


 日本国憲法は、「戦争はしない」
「軍隊は持たない」と世界に誓い(第9条)、
市民が多様に幸福を追求する権利を保障し
(第13条)、「健康で文化的な最低限の生活」
の保障を国の責務とする(第25条)
という理念をうたっています。


 07年の参院選挙では、この憲法の理念を
壊すのか、理念を実現しようとするかが
大事な争点になります。


 平和憲法を活かし格差社会を公正な社会
に変えていくために、多くの有権者が投票
に行けば、自公与党の悪政をストップさせられます。


 4月の統一地方選挙とともに7月の参院
選挙で、安倍政権を倒すため、憲法を活かす
ための投票を多くの人々に呼びかけようでは
ありませんか。


「平和と公正の選択を求めるネットワーク
(略称:へいこうせん)」有志

◆◇へいこうせん」賛同・協力のお願い◆◇


 「平和と公正の選択を求めるネットワーク
(略称:へいこうせん)」は、
アピール賛同者からなる緩やかなネットワークです。

 平和憲法を壊す候補者を落選させ、守り活かす
候補者へ投票を呼びかけますが、
特定の政党・候補者の応援をするのではなく、
平和憲法と格差社会を争点にした世論喚起を
目的にしていますので、
特定政党・候補の支持・不支持にかかわりなく、
アピールの趣旨に賛同いただくことができます。


 「平和」と「公正」をめぐっては、諸々の
重大争点がありますが、わかりやすくかつ
幅広い一致点をとれる争点として、改憲と
庶民増税(とくに消費税増税)に焦点を絞ります。


 もちろん、一致点を前提にしつつ、雇用・
社会保障・環境・人権などの論点についても
発信や交流も行います。


 会費・会則はなしで、できるかたちでの
ご協力をしていただくだけで結構です。


 賛同者を公表することもいたしません。

たとえば口コミでもネットでも、改憲と増税
などの問題を語って「選挙に行こう」と
呼びかけるだけでもいいですし、
お住まいの選挙区で候補者アンケートをして、
その内容を地元有権者に伝えることなども
考えられます。


 運動の期間は当面、07年の参議院選挙まで
とし、地方選挙でのアクションも行っていきます。
 
 事務局活動としては、ブログやホームページ、
メルマガを設立して争点解説や各党の政策比較、
アンケート報告などの情報発信・行動提起を
行う予定です。

 
賛同いただいた方は、ぜひメールマガジンに
ご登録ください。
http://www.mag2.com/m/0000220835.html


 ご賛同・お問い合わせは、下記メールアドレス
までお願いいたします。
heikosen07@yahoo.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

====================
平和と公正の選択を求めるネットワーク(へいこうせん)
 
メールマガジン http://www.mag2.com/m/0000220835.html
ホームページ http://heikosenweb.oboroduki.com/
ブログ http://heikosen.blog86.fc2.com/
mixiコミュニティ http://mixi.jp/view_community.pl?id=1690424
=====================

スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 4   tb 0   page top

核とミサイル防衛にNO! 

補正予算案が 野党欠席のまま 単独自民で
とおされました。
なのに、補正予算案の内容は全く報道されて
いません。

軍事費は合計711億円(その他にSACO*
関係費126億円も)と過去最大規模

なっているとのこと。

*Special Actiion Committee on Okinawa
 沖縄に関する特別行動委員会

下記の
核とミサイル防衛にNO!キャンペーンの
呼びかけに協力お願いします!


へいこうせんメルマガから、転載します。

転載歓迎

======================
2007/2/4 第8号   (転送紹介歓迎)
[へいこうせんメールマガジン]
ーーーーーーーーーーー
「ほっとけない!改憲と庶民増税」
「 平和憲法を活かし、格差社会を
公正な社会に変えるために、選挙に行こう」
と訴えます。

◇バックナンバー◇ http://blog.mag2.com/m/log/0000220835/
◇購読申込み◇ http://www.mag2.com/m/0000220835.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■核とミサイル防衛にNO!キャンペーン
の呼びかけ

恐るべき「先制攻撃型」補正予算案を
通すな!
[3月入間配備PAC3ミサイル購入費と
 電子戦機改修費など]


<与党の独裁審議は許されない!>

 与党は2月2日夜、2006年度補正予算案を
野党欠席のまま衆議院本会議で可決させ、
参議院に送付しました。
「女性は産む機械」暴言の柳沢厚労相の
罷免要求を拒否し、むしろ擁護する安倍
首相と与党の横暴に強く抗議します。

与党のみの単独審議による「可決」強行は
独裁的手法であり許されない暴挙です。
野党が参議院でも審議拒否を表明している
なかで、更なる単独審議・成立の強行は
絶対に許されません。


<過去最大の軍事費!>

 ほとんど伝えられていませんが、この
補正予算案は驚くべき代物です。
とりわけ軍事費は合計711億円(その他に
SACO関係費126億円も)と
過去最大規模となっています。

内容は、ミサイル防衛関連の迎撃ミサイル・
パトリオットPAC3の航空自衛隊入間
基地3月初配備分の前倒し購入費
[米ロッキード・マーチンから、
 販売代理店は伊藤忠商事](76億円)、
海上自衛隊のEP3電子戦機2機の
改修費(45億円)、
嘉手納基地所属のF15戦闘機訓練の本土
の航空自衛隊6基地
[千歳、三沢、百里、小松、築城、新田原]
への分散移転経費(0.4億円)、

核・生物・化学攻撃への対処用装備等購入費、
米軍再編関連の地元負担「軽減」費
[普天間飛行場のキャンプ・シュワブ沿岸部
への移設調査費など](84億円)
などが含まれています。


<先制攻撃軍への変質>

 この中で、北朝鮮のミサイル・核実験を
受けての対抗措置とされる先の2つは
「専守防衛」の建前を覆し、先制攻撃型へと
変質させる重大なものです。
 PAC3購入費に関して国会議員を通じて
詳細公表を求めても、
防衛「省」は
「PAC3ミサイルを含め、弾薬は、自衛隊
の装備の能力発揮に不可欠なものであるため、
取得数や単価については、従来より公表は
差し控えさせていただいている」との書面
を提示するのみでした。

「軍事機密」の名による露骨な隠蔽です。
 また、電子戦機EP3の改修は09年度まで
に完了する予定で、これにより海自に配備
されている5機全てが改修されることになります。

電子戦機の危険性について、
半田滋さん(東京新聞社会部記者)はこう
述べていました。
「足りなかったのは、相手が地対空ミサイルを
撃つために照射するレーダー波をかく乱する
電子戦機だけで、その開発には2005年度から
着手することが決まっている」

「自衛隊が攻撃的な武器類をそろえ、敵基地を
攻撃できる能力を備えるのは、もはや時間の
問題となっている」
(『憲法を変えて戦争へ行こう という世の中に
しないための18人の発言』岩波ブックレット)。


 F2等の戦闘機とGPS精密誘導爆弾JDAM、
空中警戒管制機AWACS、空中給油機(2月に
小牧基地に初配備)、
それに電子戦機という組み合わせによる先制攻撃
態勢を完成させ、MDを併せ持つことで、「矛と
盾」を兼備した攻撃軍へと脱皮するという魂胆です。


<全ての軍事費の削除を!>

 ただでさえ補正予算審議は通常、審議時間も
極めて短く、チェックが不十分なまま数の論理で
早期成立が図られています。

米国では、2月にも国防総省が対テロ関連費として
何と約1000億ドルに及ぶ07会計年度の補正予算を
要求すると言われています。

そこには、次世代の統合攻撃戦闘機(JSF)や
戦略兵器である弾道ミサイルなどイラク戦争では
使われない兵器の調達費までもが盛り込まれています。

「緊急性」を隠れ蓑として、当初予算ほど議会の
監視が厳格ではなく、迅速な支出ができる軍事的
メリットがあるとされるからです。

 これは、日本でも同様でしょう。
しかも与党のみの単独審議と採決の強行という、
民主主義のかけらもないやり方で成立が図られる。
こうした事態を黙って見過ごすわけにはいきません。
あくまで全ての軍事費の削除を強く求めます。
 
 時間はあまりありませんが、
自公両党への抗議やマスコミへの投書など可能な
方法での意志表示を呼びかけます。
また野党に対しても、審議拒否に留まらず、
補正予算案の危険な中身を広く知らしめること
にも知恵と力を割くよう要求します。 


[抗議先]自民党  (FAX)03-5511-8855
         公明党  (FAX)03-3225-0207
         首相官邸 (FAX)03-3581-3883


*メルアド追記しておきます。
首相官邸
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

自民党
http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html

公明党 あなたの声を公明党にのページ
https://c.fresheye.com/p/access_page/enq/entry.asp?id=question&d=komeitou


【呼びかけ】核とミサイル防衛にNO!キャンペーン
 [連絡先](TEL・FAX)03-5711-6478
kojis@agate.plala.or.jp
http://www.geocities.jp/nomd_campaign/



category: サステイナブル

cm 4   tb 0   page top

柳沢伯夫厚労相に、辞任せよの大合唱!2月6日(火)〆切 

今まで少子化対策といいいながら、産婦人科は
減り、助産婦さんも圧倒的に少ない。
最近、無資格の看護士さんを助産婦として
働かせていた産婦人科の判決にも、現在の
圧倒的にすくない助産婦数をかんがみて
不起訴の判決がでました。

保育園の待機児童率もあまり減っていない。
また、女性の職場での地位はあいかわらず低く、
派遣やパートで働く人が多く、それらの女性の
職場復帰はなかなかむずかしいのが現実だと
思います。

女性が子供を産んで育てたいという環境作りが
全くされていない中、男女共生参画という認識の
ない柳沢大臣は少子化や女性の地位向上のため
の労働政策を考えるには不適任だと思います。

柳沢大臣のこと、声がなかなか届かないような
ので、へいこうせんメルマガから、転載します。


抗議署名Webで簡単にできますので、協力おねがいします。

【抗議署名】

受付〆切:2007年2月6日(火)
http://www.againstgfb.com/action/2007yanagisawa.html

転載歓迎

======================
2007/2/4 第8号   (転送紹介歓迎)
[へいこうせんメールマガジン]
ーーーーーーーーーーー
「ほっとけない!改憲と庶民増税」
「 平和憲法を活かし、格差社会を
公正な社会に変えるために、選挙に行こう」
と訴えます。

◇バックナンバー◇ http://blog.mag2.com/m/log/0000220835/
◇購読申込み◇ http://www.mag2.com/m/0000220835.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■柳沢伯夫厚労相に、辞任せよの大合唱 
 【抗議署名】行動日程あり

◇柳澤伯夫厚生労働大臣の発言の撤回と
辞任を要求する

【抗議署名】

受付〆切:2007年2月6日(火)
http://www.againstgfb.com/action/2007yanagisawa.html

 報道によれば、柳澤大臣は、29日、
国会での質問に答えて
「女性の方々を傷つける不適切な表現を用いた。
国民、特に女性に申し訳ないと存じ、改めて
深くおわび申し上げる」と謝罪したと伝
えられています。

しかし、「産む機械」との発言は、
「産めよ殖やせよ」の人口政策を連想させる
ばかりでなく、
少子化の問題を女性の側に責任転嫁するもの
であり、
女性の人権を全く無視したものと言わざるを
得ません。
また、「女性の性と生殖の自己決定権
(リプロダクティヴライツ)」を尊重すると
いう視点が、
柳澤大臣に欠落していることもまた、露呈
したと考えます。

 政府の果たす役割は、安易な出産奨励ではなく、
子どもを望む女性が、生み育てたいと思えるよう
な環境を整備することであるはずです。

◇柳澤発言に対する抗議行動が
遠隔地の方、外出できない方、メール・ファクス
のリストをご活用ください。

2月5日(月)17:00〜
女も男も怒っている!!
女性は「子どもを産む機械」ではない!!
柳澤厚生労働大臣の解任を求める
国会前 緊急アピール!

日時:2007年2月5日(月)17:00〜
場所:参議院議員会館前

呼びかけ人
 民主党副代表 円より子
 民主党国民運動委員長 野田佳彦
 共産党参議院議員団長 吉川春子
 社民党党首 福島みずほ
 国民新党副幹事長 後藤博子

*******************

政府・与党に抗議を! 
自民党女性議員に超党派の行動よびかけを!
▼首相官邸
 Webメール http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
 TEL03-3581-0101, FAX03-3581-3883
▼安倍晋三 http://www3.s-abe.or.jp/
▼安倍晋三(しんぞう)事務所(国会事務所):
  TEL:(03)-3508-7172 FAX:(03)-3508-3602
▼厚生労働省
電話:03-5253-1111(代表)(平日18時まで)
「ご意見」 
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html
▼柳沢 伯夫 のアドレスは見つけられませんでした。
▼自民党「総合」自民党に物申す
http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html
▼公明党
https://c.fresheye.com/p/access_page/enq/entry.asp?id=question&d=komeitou

△自民党・公明党 女性議員のメール・ファクス
衆議院 自民党
阿部 俊子・岡山県第三選挙区支部長
http://www.abetoshiko.com/contact_con.php
飯島夕雁 北海道第10区(北海道ブロック) 
g08679@shugiin.go.jp
井澤京子 京都府第6区(近畿ブロック) 
HP開けず不送信
稲田朋美 福井県第1区     
(FAX)03-3508-3835
猪口邦子 東京ブロック 比例代表 
Fax:03-3508-3130

井脇ノブ子 大阪府第11区(近畿ブロック)
info@yaruki-genki-iwaki.com
岡下信子 大阪府第17区 
office@okashita-nobuko.com
小渕優子 群馬県第5区 
http://www.obuchiyuko.com/mailto.php
片山さつき  静岡県第7区 
FAX : 03-3508-3526  info@satsuki-katayama.com
上川陽子 静岡県第1区 
yoko@kamikawayoko.net
小池百合子 東京都第10区 
koike@yuriko.or.jp
近藤三津枝 近畿ブロック 
比例代表  HP不掲示

佐藤ゆかり 岐阜県第1区(東海ブロック)
岐阜事務所  FAX:058−264−1800 
yukari-sato@y-sato.org
高市早苗 奈良県第2区 
http://rep.sanae.gr.jp/index_goiken.html
土屋品子 埼玉県第13区 
otayori@owl1.owls.co.jp
永岡桂子 茨城県第7区(北関東ブロック)
http://keiko-nagaoka.jp/form_op.htm
中森ふくよ 北関東ブロック 
比例代表 HP不掲示
西川京子 福岡県第10区 
g06064@shugiin.go.jp

西本勝子 四国ブロック 比例代表 
e-mail@nishimotokatsuko.com
野田聖子 岐阜県第1区 
seiko@noda-seiko.gr.jp
広津素子 佐賀県第3区(九州ブロック)
FAX:03-3508-3988
  hirotsu@hirotsu-motoko.com

藤野真紀子 愛知県第4区(東海ブロック)
FAX: 03-3508-3539
松島みどり 東京都第14区 
FAX 03-3508-8007  info1@matsushima-midori.jp
森山眞弓 栃木県第2区 
Fax:03-3597-2753
山中あきこ 千葉県第2区 
info@globalnet-akiko.jp

参議院自民党
ありむら治子 比例代表(H13) 
F a x: 03-5512-2229  haruko@arimura.tv
小野清子 比例代表(H13) 
FAX 03-5512-2330
 http://www.onokiyoko.com/contact/index.html
大野つや子 岐阜県(H13) 
Fax03−5512−2242 info@oono-tsuyako.jp
扇千景 比例代表(H13) HP不掲示
狩野安 茨城県(H13) 
FAX 03−3597−0440 
aac64461@pop02.odn.ne.jp
川口順子 神奈川県(H13)  FAX : 03-5512-2418 
http://yoriko-kawaguchi.jp/home/

坂本由紀子 静岡県(H16) 
FAX : 03-5512-2523  yukiko_sakamoto@sangiin.go.jp
山東昭子 比例代表(H13) 
FAX:03-5512-2224  akiko_santo01@sangiin.go.jp

清水嘉与子 比例代表(H13)  FAX:03-3502-8805 
kayoko_shimizu@sangiin.go.jp
鶴保 庸介  和歌山県(H16)  FAX(03)5512-2313
info@tsuruho.com
南野知恵子 比例代表(H16) 
http://www.c-nohno.com/index.html
橋本聖子 比例代表(H13) 
FAX:03-5512-2302
seiko_hashimoto01@sangiin.go.jp
山谷えり子 比例代表(H16) 
FAX:03-5512-2611

公明党衆議院・女性議員
高木美智代 東京B / 2期 
info@michiyo-t.com
古屋範子 南関東B / 2期 
info@furuya-noriko.com
池坊保子 近畿B / 4期 
yasuko.ikenobo@nifty.com

公明党参議院・女性議員
浜四津敏子 比 例 区 / 3期 
toshiko_hamayotsu@sangiin.go.jp
鰐淵洋子 比 例 区 / 1期 FAX03(5512)2307
 info@wanibuchi-yoko.com
松あきら 神奈川 / 2期 ご意見
http://www.matsu-akira.com/inquiry/index.html
山本香苗 比 例 区 / 1期 FAX:03-5512-2319
浮島智子 比 例 区 / 1期 FAX:06(6761)5506
 info@t-ukishima.net


======================
柳沢大臣の「産む機械、装置の数」発言
http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1562784

category: サステイナブル

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ