FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

バカの壁、壊れる事もある 

九子さんのブログ
「「バカの壁」に寄せて・・・・
受け入れる脳と拒む脳」で、
http://www.mypress.jp/v2_writers/kasaharajubei/story/?story_id=907653

2003年にペストセラーになった
養老孟司の「バカの壁」のことを
読んでから、衝動買いして長い事
ほったらかしてた本をしばらく前に
読み終えた。

でも、私には、全くおもしろくない
本だった。
養老孟司は、脳学者なの
に、専門的な視野からの著書と
思っていたので、私の期待が
大きすぎたのかもしれない。

ただ、「バカの壁」とは、
同じ情報でもアンテナがはってないと
伝わらないという壁があると理解した。

そのバカの壁は、誰にでもあると
日常感じている。
でも、バカの壁もふと壊れる事が
ある。
私は、原発のことや靖国のこと、
たぶん若いときに聞いたことも
あったのだろうけど、全然、
知ろうともしなかったのだけど、
今の私は違う。

また、何度もおなじことを繰り
返すときに、壊れることもある。

下記は、今、読んでいる
「靖国の戦後史」田中伸尚著書
の本から。
===============
1981年と1982年の住民による岩手
靖国違憲訴訟の原告井上さんという
牧師さんのこと

名前も教会の住所も公開していた
井上さんは右翼などから「非国民」
「国賊」とおどしや嫌がらせを
うけたらしい。

戦後、息子の死が英霊ということ
を国によってずっと吹き込まれて
いた遺族は共通して
「国のために亡くなったのだから、
靖国に祀ってもらいもらい、国が
感謝するのは当然ではないか」
という反応だった。

井上さんはそういう人たちに
「本当にそう思っているのですか」
「本当は国家に殺されたのじゃ
 ないですか」
「国家は加害者じゃないですか、
 あなたのためになっているの
 ですか」と聞き返し、
宗教的少数者の人権抑圧や弾圧の
歴史を話した。

1人20分程度かけたという。
最初は激昂して電話をかけてきた
相手も、終わりのほうには、とき
には「そうだな」と相槌をうつ
こともあった。

「どこまで通じたかは分かりません
が、語らないとダメだと思いました。
だって、公式参拝賛成のほうが
圧倒的に多数なんですから。」
===============

おまけ:脳のはなし

ずいぶん前にNHKで
「なぜキレル子が多い?」というような
タイトルの番組をみた。

脳のなんとかゆう感情の抑制を
コントロールする部位は、子供の時
に発達し、その部位が小さい子は
感情の抑制がききにくく、すぐ
切れるという。

この部位の発達を促すには、子供
の時、親しい人(親)との関係に
かかっていて、笑顔が多いほど
発達するというデータがでている。

実際、ある保育園で効果がでている。
「じゃれあいタイム」というのを
毎朝一番にもうけていて、親や
友達といっしょに思い切り遊ぶ。

そして、その後には、子供達は
ちゃんと後片付けをし、集中力
が高まるという。

スポンサーサイト



category: その他

cm 6   tb 0   page top

幸せって何だっけ? 

9・11の記事でshinjiさんからもらった
コメントについて、長くなりそうなので
記事にします。

>国が物質的に豊かになればなるほど
国民からなにかが失われて行くような
部分がありますよね。

>どんな社会を眺めてみても。
むしろ貧しい地域であれば有る程、
たとえば子供達の笑顔って言うのは
強く輝いている。

子供達の笑顔が、せめてもの救い
かなぁ?
生きるためには
希望しかないですものね。
でも、貧しい国や自由のない国には
私は住みたくない。
笑っていたくても、貧しさのために
売られていく子もいる。

>日本人の子供を見てると可哀想に
感じることも有るくらいですよ。
また、働いている人たちもそうですよね。
特に最近の日本ではだんだん労働の条件
は悪くなってますよね。
これを非常に強く感じます。

本当は物質的に豊かになれば、精神的な
ものを求めると思うのですが、
それがなかなかうまくいかないよう
ですね。

マイケルムーアの
「ボーリングフォー・コロンバイン」
で、あの田舎町で育った男性で、脱出
してアニメで成功している人の
コメント覚えてますか?

「田舎に育つと その小さな地域で
認められないと 人生終わりだって
思ってしまう。
でも実際は、落ちこぼれでも、この
街でていって成功した人もいるし、
優秀でも このちいさな街の
ホワイトカラーで一生を終わる人も
いる。」

すこし人と違う事すると、なかなか
うけいれない日本社会。
失敗しても やりなおすのが
かなり難しい日本。
すこづつマシにはなってきてるけど
人生終わりだって、思いたくなるような
いやな環境が日本にはあると思います。

社会環境が、可能性をつぶしてしまう
んですよね。
特に、日本の子供は、親の希望する
有名な学校はいって、大企業はいる
のが一番という環境で、考える
まなく勉強させられる。

友達がいってました。受験勉強の時、
先生は、「考えたら負けや。」と
いつも言ってて、ブロイラーのように
勉強させられたと。

でも、そんなのおかしい。
考えずにいい大学はいっても、何が
勉強したいの?
何のために勉強するの?

また、大企業にはいっても、お給料に
みあう努力もせず、人間関係だけで
仕事してきたひと。
その人間関係も、利害関係なければ
すばらしいけど、たいていは、仕事
をやめれば、その関係も消滅。

労働条件については、
当事者の労働者自身が戦わないと
何もはじまらないと思います。

過労死は気の毒だけど、なぜ、
そこまでいってしまうのか?
家族や職場の周りの人にも責任があると
思います。
労働組合は労働者の権利より
経営側についてるし。

私なら、そんな状態になる前に、
人員を増やしてもらうか、
できませんといって逃げるか。

たぶん、いろんな選択肢があることが
わからないと、なかなかNOと言えない
のでしょうね。

この間、たまたま見た地方の鉄道の番組
で素敵な生き方と思ったのがありました。

1.鉄道マニアが講じて
東京でしてたラーメン屋をたたんで
SLの走る大井鉄道構内にある
ラーメン屋にうつったという人

2.大手メーカー定年退職後、山登り
が趣味の人。好きな山登りのできる山に
囲まれた大井鉄道のSLの車掌さんを
しているという人

3.湘南の茅ヶ崎鉄道の近くの古い家を
かって2000万円かけて建て直し
ニットとカフェのお店をする人

この家には線路をとおらないといけない
のだけど、電車がとおるのが見えて、
その音も心地よい。そして、近くに
茅ヶ崎の海も。

幸せって、仕事でも仕事以外でも何でも
いいんですよねぇ。

それから、夏に昔つとめてた会社の同窓会
であって、おどろいた人がいます。

当時はバリバリ仕事もできて嫌味な人でした。
でも、30代前半で脳梗塞でたおれ、
もう10年ぐらいたつのかなぁ。
今は、彼、記憶がずいぶんもどってきて
いて仕事はまだ無理だけど、見た目はもう
普通の人のように回復してるし、話して
いても普通。
それで、以前の彼は嫌なヤツだったけど、
今は本当にいい人。人相までちがう。
人生ってわからない。

>人間の幸せってなんなのか。
だけど、たぶん僕もそれに対する答えを持ってない。
極最近、自分自身に持ってる疑問はそこです。

自分が考えて納得いく人生をおくるの
が一番の幸せだと思います。
幸せなことは、ひとりひとり違う。

「幸せは自分の中にある」
相田みつをの言葉です。

他人がどう思おうと関係ない。
自分が幸せと感じることが大切だと思います。

社会としては、失業しても、病気になって
はたらけなくても、最低限の生活はできる
ようなシステムをつくってほしい。
日本の家賃は依然として高いし、
就職活動の交通費、結構、負担です。

あずーる>なるべく多くの日本人が「幸せ」と
感じる社会をつくっていかないと、日本でも
戦争賛成という人が沢山でてくるんじゃないか
と危惧しています。

>そうそう、それなんですよね。
だけど、それを、日本が幸せになる様に
いろいろ工夫しないと行けない人たちが、
またはそのリーダーと言われる人が
小型の原爆やミサイルによる先制攻撃に
解決方法を求めている。
しかも意外と人気がある。おかしな感じですよね。
なんとかしたいもんです。

不満の捌け口は、どこの国の人でも暴力的
になります。
日本も、戦争をすすめたい不満な人が多いの
かもしれません。

安部さんが意外と人気があるのは、マスコミが
人気あるように報道しているだけかもしれ
ません。マスコミは小沢さん嫌いなようですし。
そのように願いたいです。

category: サステイナブル

cm 3   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ