FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

違法伐採木材の輸入をとめるために 

「世界では1分間毎にサッカー場30個分に
相当する広さの原生林が皆伐、あるいは
破壊されています。

世界で最も速く消えていく森 中でもアジア
太平洋は、世界で最も速く森林消失が進行して
いる地域です。」グリーンピースのHPより

木材の主要な輸入国である日本の国民として、
なんとか原生林の破壊をとめましょう。

下記のアクションに ひとりでも多くのひと
が参加してもらえるように、お願いします。

===================
Greenpeace Japan Mail Magazine
グリーンピース・ビジョン(転送歓迎)
2006/5/19 No.75から一部抜粋

違法伐採木材の輸入をとめるため、
政府にメールを届けましょう

 5月11日、横浜港金沢埠頭に停泊中の
運搬船アルディアント号(インドネシア
船籍)がインドネシアから輸送し
てきた合板は、伐採方法が違法である
可能性が高いとして、日本政府に対し
違法に伐採された木材の輸入規制の
実行を求めました。

 アルディアント号から横浜港に荷降
しされた木材は、インドネシアの伐採
企業「カユ・ラピス・インドネシア」社
製の合板で、同社は伐採権が許可されて
いない地域で伐採される木材などを
加工し、合板として生産していることを
グリーンピース東南アジアが明らかに
しています。

 グリーンピース東南アジアは、「カユ
・ラピス・インドネシア」社のヘンリン
ソン・イリアナ工場(インドネシア、
パプア、ソロン)が違法に伐採された
原木を使用していることを確認し、調査
報告書「森林破壊の犯罪 クライム
ファイルII」として発表しました。

報告書では同工場の使用する原木のうち、
2002年は53%、2003年は74%、
2004年は 70%が、合法性が疑わしく、
産地が特定できない原木であるとして
います。

 日本は インドネシア産合板の最大
輸入国です。インドネシアが輸出する
合板の60%が日本の市場に流通して
います。

アルディアント号が今回積載する合板の
一部は、双日株式会社が輸入元となって
います。

 アジア・太平洋諸国からの木材の主要
な輸入国である日本が原生林の違法伐採
をとめる対策をとるよう、政府にメール
であなたの声を届けましょう。

政府へのメールはこちらから届けられます
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/forests/pf/cyberaction/?gv

インドネシア産合板の横浜港荷降ろし
についての詳細はこちらから。
http://www.greenpeace.or.jp/press/releases/pr20060511_html?gv

調査報告書「森林破壊の犯罪 
クライムファイルII」(PDFファイル 2MB)は
こちらからダウンロードできます。
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/forests/documents/doc060411.pdf

パラダイスフォレストについての
詳しい情報はこちらから
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/forests/pf/?gv
スポンサーサイト



category: サステイナブル

cm 0   tb 0   page top

違法伐採木材の輸入をとめるために 

「世界では1分間毎にサッカー場30個分に
相当する広さの原生林が皆伐、あるいは
破壊されています。

世界で最も速く消えていく森 中でもアジア
太平洋は、世界で最も速く森林消失が進行して
いる地域です。」グリーンピースのHPより

木材の主要な輸入国である日本の国民として、
なんとか原生林の破壊をとめましょう。

下記のアクションに ひとりでも多くのひと
が参加してもらえるように、お願いします。

===================
Greenpeace Japan Mail Magazine
グリーンピース・ビジョン(転送歓迎)
2006/5/19 No.75から一部抜粋

違法伐採木材の輸入をとめるため、
政府にメールを届けましょう

 5月11日、横浜港金沢埠頭に停泊中の
運搬船アルディアント号(インドネシア
船籍)がインドネシアから輸送し
てきた合板は、伐採方法が違法である
可能性が高いとして、日本政府に対し
違法に伐採された木材の輸入規制の
実行を求めました。

 アルディアント号から横浜港に荷降
しされた木材は、インドネシアの伐採
企業「カユ・ラピス・インドネシア」社
製の合板で、同社は伐採権が許可されて
いない地域で伐採される木材などを
加工し、合板として生産していることを
グリーンピース東南アジアが明らかに
しています。

 グリーンピース東南アジアは、「カユ
・ラピス・インドネシア」社のヘンリン
ソン・イリアナ工場(インドネシア、
パプア、ソロン)が違法に伐採された
原木を使用していることを確認し、調査
報告書「森林破壊の犯罪 クライム
ファイルII」として発表しました。

報告書では同工場の使用する原木のうち、
2002年は53%、2003年は74%、
2004年は 70%が、合法性が疑わしく、
産地が特定できない原木であるとして
います。

 日本は インドネシア産合板の最大
輸入国です。インドネシアが輸出する
合板の60%が日本の市場に流通して
います。

アルディアント号が今回積載する合板の
一部は、双日株式会社が輸入元となって
います。

 アジア・太平洋諸国からの木材の主要
な輸入国である日本が原生林の違法伐採
をとめる対策をとるよう、政府にメール
であなたの声を届けましょう。

政府へのメールはこちらから届けられます
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/forests/pf/cyberaction/?gv

インドネシア産合板の横浜港荷降ろし
についての詳細はこちらから。
http://www.greenpeace.or.jp/press/releases/pr20060511_html?gv

調査報告書「森林破壊の犯罪 
クライムファイルII」(PDFファイル 2MB)は
こちらからダウンロードできます。
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/forests/documents/doc060411.pdf

パラダイスフォレストについての
詳しい情報はこちらから
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/forests/pf/?gv

category: サステイナブル

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ