09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

クマを殺さないために 

今回の どんぐり集めの件で、クマの民家への出没原因はいろんなことが複合しているということが いろいろ調べるうちにわかってきました。

下記のような東京新聞の記事をみつけました。
クマを殺さないための長野での取り組み、貼り付けておきます。

**********************
近すぎた関係 お仕置きで済めば…
手探り共存 長野『クマ作戦』

 畑や道で振り返ったら突然クマ、というのは怖い。しかし、全国でそんな事態が相次いでいる。一方で、里に下りてくるクマにも事情はある。里山に下草が生い茂るなど、人と動物の生活圏を隔てていた境界線がなくなってしまったことも大きな要因だ。人とクマとの距離をもう一度引き離すことは可能か。山岳地帯を抱える長野県で、研究者らの「作戦」の現場を見た。 (早川由紀美)

 お尻の方から麻酔銃を撃たれて数分後、ドラム缶で作った檻(おり)から引きずり出されたクマは自分のふんにまみれていた。抱きかかえた、NPO法人「信州ツキノワグマ研究会」の四人の手やズボンは、みるみる黒く染まった。

 「この黒さはドングリのアクです。このクマはちゃんと山でドングリを食べています」。野生動物の現地調査を十数年にわたり続けている高地生物研究所所長、泉山茂之さんは言う。

 「信州ツキノワグマ研究会」は、道路建設などで生息数が減っている可能性のある美ケ原高原(長野県松本市など)周辺のクマを一度捕獲し、発信器をつけて行動範囲などを探る調査を二〇〇〇年から続けている。調査のため十三個の檻を設置。このクマが捕まった松本市・扉峠付近の檻もその一つだ。

 クマの耳には札がついていた。以前に捕まったことがある証しだ。札の番号から「麻績(おみ)ユタカ」と判明した。昨年六月、同県麻績村で、別の動物を目的に設置された檻に入り込んだ。「錯誤捕獲」ということで殺されず“釈放”された。今回は山中の調査用の檻に捕まってしまったわけだが、一年余の間に体重は四四キロから七六キロへと増えていた。以前の捕獲場所から三十キロも山中を移動していたのも、メンバーには驚きだったようだ。

 「一度捕らえられたクマは檻をかんで歯を痛めてしまい、食物をとれないので、放さず殺した方がいいという人がいる。しかし、ユタカは、ちゃんと山でドングリを食べていた。奥の臼歯でかみ砕くことができる。歯を痛めても殺す理由にならない」(泉山さん)

 麻酔で眠っている間に、体重や、体の各部の大きさを測定し、血液や毛を採取する。毛からは何を食べてきたかの食歴もわかるという。約一時間後、新しい発信器を首に巻き、調査は終わった。ほかの地域で捕まったクマも含め、同会が追跡調査をしているクマは十数頭に上る。

 同研究会は一九九五年、上高地の二頭のクマをきっかけに発足した。元信州大学理学部教授の林秀剛代表(68)が振り返る。
 
 「当時の上高地は宿泊施設などのごみ置き場に扉などがなかったためクマが自由に出入りし、周辺の果樹園なども荒らされていた。二頭が捕まったため、発信器をつけて追跡調査をすることを依頼された」
 
 一頭は十歳以上で、一度捕まった後は、里に下りてくることをやめ、人間との関係を一切、遮断した。もう一頭の若いクマはその後も住宅地近くで行動し、密猟で殺された。「ごみの問題で捕獲され、密猟で殺される。野生のクマと、人間とのかかわりがありすぎると実感した。とくに経験の浅いクマは人間の怖さを知らない」
 
 林さんらは二年近くかけて長野県内の全市町村に出向き「殺さない方法を考えて」と説得して回った。代わりの方法として提案したのが「学習放獣」だった。クマがけがをしないドラム缶の檻を作り、果樹やはちみつなどの被害の出ている周辺に設置する。つかまったクマにはトウガラシスプレーを鼻先で噴射したり、花火の音で脅すなどの「お仕置き」をした後、山に返す。ただし、錯誤捕獲や、ユタカのように人里離れた山中の調査用の檻に入ったクマにはお仕置きはしない。
 
 会がかかわった「お仕置き」はこれまでに百頭近くに上る。併せて、電気柵(さく)を設けたり、果樹園などに隣接した林は下刈りなどをしてクマが出にくい環境づくりをすることも、農家や地域に要望している。「猟友会に入った会員もいる。必要ならば鉄砲も撃てて、なおかつ野生動物の知識がある人が(捕殺も含めた)野生鳥獣の保護管理には必要だ。机の上で書類だけ見て殺せ、殺せじゃだめだ」(林さん)
 
 長野県森林保全課によると、本年度捕殺されたクマは七十六頭、学習放獣は三十八頭に上る。一昨年度は捕殺九十九頭、放獣十二頭だった。
 
■物覚えに個体差 3件の再捕獲例

 「まだ、こういうふうにやれば完ぺきに里に戻って来ないという学習放獣の方法はない。物覚えには個体差がある。二度、三度と繰り返したり、通学路などにたびたび出没する場合、捕殺もやむを得ない。捕まえたクマを放すことに対しては、農家の抵抗感もある。学習させても、エサが目の届くところにあれば、また戻ってしまうので電気柵設置などを並行することも必要だ」(同課)。お仕置きをして放した後、再捕獲された事例は、これまでに三件が確認されている。
 
 環境省鳥獣保護業務室の担当者は「兵庫は原則捕殺はせず学習放獣する方針だし、そういうところは全国的にも珍しくなくなってきている」と話す。しかし毎日のようにクマが人里に現れ、けが人も出る今年の「異変」は、じわじわと進めてきた「平和的解決」の道を逆戻りさせる可能性もある。クマの出没が相次ぐ石川県では五月以降捕獲したクマが九十五頭に上り、一頭を除き射殺した。種の保存のために定めた年間捕獲の上限七十頭(県内の推定頭数の10%)を大幅に超えており、今年のクマ猟を禁止する方針を打ち出すという事態に陥っている。
 
 「最近、県の鳥獣保護管理関係の検討会では殺す要件の一覧表を原案で出してきている。住宅地や耕作地に出てきた場合などだ。しかし野生動物と人間がいかんせん接近しすぎているという根本的な原因をそのままにして、捕まった鈍くさいのをガス抜きのために殺しても農業被害などの解決策にはならない」。林さんは訴える。
 
 松本市の同研究会事務所には取材の電話が相次ぐ。ユタカの調査にも参加した会員の一人、東京農工大大学院生の水上留美子さん(27)は、その様子を見ながらつぶやいた。「殺さなければ仕方がない場合も当然、ある。でも、今のクマの“ブーム”で、殺されなくてもいいクマまで殺されている気もする」

2004.10.17 東京新聞 特報
スポンサーサイト

category: カテゴリ無し

cm 0   tb 0   page top

いろんな議論がでてますが・・・ 

きのうコメントもらった人のような指摘があるようですね。

素朴な疑問ですが、クマを捕獲して山に 戻すだけなら、山にエサがないのだから また戻ってきますよね〜。捕獲された クマさんは、おなかいっぱいにされて 山に戻されるのでしょうか?

下記のようなニュースがあったので貼り付けておきます。

PS.新聞記事には 文責がないですね。(記事の末尾に文の責任者の名前がのっていない)。
世界第一の販売数をもつ読売新聞は、まえにゴミ発電についても もっともらしい報道をしていた 無責任な新聞だと思います。
そのことを踏まえた上で ニュース記事よんでくださいね。

*********************************************
クマにドングリ、福井は中止…生態系に影響との指摘で

 エサ不足に陥っているクマに贈るドングリを募集していた自然保護団体「日本熊森協会」(兵庫県西宮市)が、福井県の山中でドングリをまく計画について、専門家から「実際にはネズミやリスのえさになってしまう」などと指摘を受け、中止していたことが22日、わかった。

 協会には全国から段ボールなどでドングリ約4トンが届けられ、既に兵庫県内で700キロをまいた。福井県内では協会員や地元ボランティア約20人で24日に500キロをまく予定だった。

 これに対し、計画を知った保科英人・福井大助教授(昆虫学)が「小動物の異常繁殖や、在来ドングリの遺伝子を乱す危険もある。現状では、捕獲して山に帰すのが最善」と協会やボランティアに指摘。その結果、ボランティアらも参加をためらうようになり、協会の判断で福井県での活動中止を決めたという。

 協会の森山まり子会長は「私たちもクマの専門家の助言を受けながら活動しており、成果に自信を持っている。ドングリをまく活動は続ける」と話している。

 富山県では22日、協会の男性会員(61)が東部の山中にドングリをまいた。
(読売新聞) - 10月23日3時11分更新

category: カテゴリ無し

cm 0   tb 0   page top

どんぐりの 他の送り先 

どんぐりを集めてくださってるみなさん、ご迷惑おかけしています。

ほかにもドングリ集めしてるところを知らせてくださる方がいました。
よかったら、三重県の下記に送って下さい。

熊棚の会
http://www.asint.jp/~kumabun8/

紀伊半島は、近畿では 一番、台風の被害がひどいところのような印象をうけています。前回の台風でも、かなりの被害が報道されていました。
現在、大阪も どしゃぶりで風も強いです。
また、熊さんの えさが減りそうです;;

category: カテゴリ無し

cm 6   tb 1   page top

どんぐり集め一旦停止のお願い 

先日おねがいしたドングリ集めの件、いろいろ協力して、広めてもらって 
大変申し訳ありませんが、一旦どんぐり集め停止の連絡もらいました。
TVや新聞の効果で、現在、全国から どんぐりが熊森協会に届いていて、
保管場所も全部いっぱいになってるいるようです。
また、電話も集中しているので問い合わせはご遠慮下さいとのことです。

(クマさんのこと思う人がたくさんいることを知りちょっとうれしいですが。)

ひろってもらった人には、申し訳ないですが、しばらく冷暗所で保管して
もらえませんでしょうか?

再開については、下記ホームページでお確かめの上
お送りいただければ幸いです。

******************************************
日本熊森協会 企画推進局長  瀬戸悠子
E-メール  fwja2167@mb.infoweb.ne.jp
URL:  http://hb6.seikyou.ne.jp/home/kumamori/
日本熊森協会事務所  10:00〜16:00(水・日祝休み) 
          tel/fax 0798-22−4190
******************************************

category: カテゴリ無し

cm 0   tb 0   page top

幸せの種は自分のなか? 

この「幸せの種を探して」というカテゴリーが気にいってる。

このまえ、"Village"という映画をみた。
予告編では、怖いサスペンスかなんかと思ってたけど、全然違って考えさせられる映画。

舞台は、米国、ペンシルバニア州の小さな村。
昔、ホームスティでペンシルバニアに住んでたから、それも興味があって
みにいったのだが、監督は「シックスセンス」をつくったひと。
人間の深層心理みたいなのを描いている。

ペンシルバニアには、現在も宗教的理由で 昔ながらの自給自足の生活をする
アーミッシュという人達が暮らす村がある。(アーミッシュの生活は、
ハリソン・フォードの「目撃者」という映画をみれば なんとなくわかる)

この映画では、アーミッシュではないのだけど、同じ悲しみにうちひしがれた
人達が 町と隔離した状態で村の生活を送っている。

町との接触をさけるために、町にいかなければ どうしてもとおらなければ
いけない森を悪魔の住むところにしている。
情報を隔離して、教育で洗脳してしまうと 人はそれを信じてしまうというのが
恐ろしいところかもしれない。
また、本当はたいしたことじゃないのに、自分の先入観で出来ないと決めて 自分の世界を狭くしているのも人間かもしれない。

ただ、威嚇というのは、勇気と愛情には勝てないというのが、映画のテーマだ
ったのかなぁ?
生まれた時から、目のみえない少女が、一番、勇気があり、愛情が深いというの
が なんだか健常者にたいする皮肉のようにも思える。
が、大切なのは、どんな困難な状況でも 希望を見出すことを教えてくれてる。

そして、希望のために 次の世代のために 世代交代を自らする大人の姿は 年とったらみならいたいなぁ。



category: 映画

cm 0   tb 0   page top

幸せの種は自分のなか? 

この「幸せの種を探して」というカテゴリーが気にいってる。

このまえ、"Village"という映画をみた。
予告編では、怖いサスペンスかなんかと思ってたけど、全然違って考えさせられる映画。

舞台は、米国、ペンシルバニア州の小さな村。
昔、ホームスティでペンシルバニアに住んでたから、それも興味があって
みにいったのだが、監督は「シックスセンス」をつくったひと。
人間の深層心理みたいなのを描いている。

ペンシルバニアには、現在も宗教的理由で 昔ながらの自給自足の生活をする
アーミッシュという人達が暮らす村がある。(アーミッシュの生活は、
ハリソン・フォードの「目撃者」という映画をみれば なんとなくわかる)

この映画では、アーミッシュではないのだけど、同じ悲しみにうちひしがれた
人達が 町と隔離した状態で村の生活を送っている。

町との接触をさけるために、町にいかなければ どうしてもとおらなければ
いけない森を悪魔の住むところにしている。
情報を隔離して、教育で洗脳してしまうと 人はそれを信じてしまうというのが
恐ろしいところかもしれない。
また、本当はたいしたことじゃないのに、自分の先入観で出来ないと決めて 自分の世界を狭くしているのも人間かもしれない。

ただ、威嚇というのは、勇気と愛情には勝てないというのが、映画のテーマだ
ったのかなぁ?
生まれた時から、目のみえない少女が、一番、勇気があり、愛情が深いというの
が なんだか健常者にたいする皮肉のようにも思える。
が、大切なのは、どんな困難な状況でも 希望を見出すことを教えてくれてる。

そして、希望のために 次の世代のために 世代交代を自らする大人の姿は 年とったらみならいたいなぁ。



category: 映画

cm 0   tb 0   page top

おなかのすいたクマさんに どんぐり集めを! 

「おどかすつもりは ないんだけど、おなかがペコペコで
 町におりてきちゃったよ〜」

クマさんも 人間を襲うつもりはないのだけど、人間が破壊している
森では 台風などの影響もあり 今年はほんとうに食べ物がないようです。

ところで、この日記を見られる方に今日はお願いです。

最近の クマのニュースから なんとか生態系の上に位置するクマを
助けられないかと思い、いくつかの自然保護団体にメールを送りました。

そこで、早速、日本熊森協会から返事をもらいました。
どんぐり集めということを実施されています。
ひとりでも多くの人に協力してもらえると幸いです。

注意事項
ー緊急避難的な措置としてどんぐり運びを行います。餌付けではありません。
ーどんぐりを食べる動物たちがいない、都市の公園などに落ちたものをお送りください。
ーどんぐりはカビが生えやすいので、ビニールから出すか、冷蔵庫で保存してください。
***************************
メールをいただいたみなさんへ
              
メールをいただきありがとうございます。
毎日、当会には全国から「何とかクマを助けられないか」
と声が届いています。
クマが出てきている原因は
「山にエサがまったくない」これだけです。
このままクマを射殺し続ければ、一気に絶滅してしまう
大変危険な状態です。
当会のある兵庫県でも同じようにクマが出てきていますが、  
長年の活動の成果により1頭も殺していません。
このような流れを全国に広めたいです。
連日、私たちは、県庁、地元、マスコミに連絡を取って
対応にあたっていますが、
みなさんにも、ぜひ、ご協力いただきたいです。

―――――――――――――――――――――――――――
?行政、マスコミにあなたの声を届けて下さい。
 ●たくさんの人のクマを殺さないでほしい、
  クマの棲める森を復元してほしいと訴えがないと
  世の中の流れは変わりません。

―――――――――――――――――――――――――――
?奥山どんぐり運びを大展開します。
    都市のどんぐりを集めて送って下さい。

 兵庫県(熊森協会本部)、福井県(友会の協力)、富山県(会員の協力)、
 京都府(支部にて)、滋賀県(支部にて)で行います。

 ●兵庫県へは当会事務所までお送り下さい。
 〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町5-4-A棟-101 
  
 ※他の府県の送り先はご連絡いただければお教えします。

―――――――――――――――――――――――――――
?当会の趣旨に賛同いただける方は
      会員になっていただきたいです。

 ●クマの出てきている多くの地域で
 野生動物問題に取り組む自然保護団体がないことが、
 大きな問題となっています。
 多くの人が自然保護団体の活動を応援しなければ
 野生動物や豊かな自然は守れません。

 ホームページを見て、当会の趣旨に賛同いただけるのであれば
 ぜひ会員になっていただきたいです。
 活動もお金も要らない、賛同会員の制度もあります。
 入会登録は当会のホームページからもできます。
 どんぐり運びなどの案内もご連絡をしやすくなります。
 
 資料が必要でしたらお送りします。
 よろしくお願いします。

******************************************
日本熊森協会 企画推進局長  瀬戸悠子
E-メール  fwja2167@mb.infoweb.ne.jp
URL:  http://hb6.seikyou.ne.jp/home/kumamori/
日本熊森協会事務所  10:00〜16:00(水・日祝休み) 
          tel/fax 0798-22−4190
******************************************

category: サステイナブル

cm 0   tb 1   page top

おなかのすいたクマさんに どんぐり集めを! 

「おどかすつもりは ないんだけど、おなかがペコペコで
 町におりてきちゃったよ〜」

クマさんも 人間を襲うつもりはないのだけど、人間が破壊している
森では 台風などの影響もあり 今年はほんとうに食べ物がないようです。

ところで、この日記を見られる方に今日はお願いです。

最近の クマのニュースから なんとか生態系の上に位置するクマを
助けられないかと思い、いくつかの自然保護団体にメールを送りました。

そこで、早速、日本熊森協会から返事をもらいました。
どんぐり集めということを実施されています。
ひとりでも多くの人に協力してもらえると幸いです。

注意事項
ー緊急避難的な措置としてどんぐり運びを行います。餌付けではありません。
ーどんぐりを食べる動物たちがいない、都市の公園などに落ちたものをお送りください。
ーどんぐりはカビが生えやすいので、ビニールから出すか、冷蔵庫で保存してください。
***************************
メールをいただいたみなさんへ
              
メールをいただきありがとうございます。
毎日、当会には全国から「何とかクマを助けられないか」
と声が届いています。
クマが出てきている原因は
「山にエサがまったくない」これだけです。
このままクマを射殺し続ければ、一気に絶滅してしまう
大変危険な状態です。
当会のある兵庫県でも同じようにクマが出てきていますが、  
長年の活動の成果により1頭も殺していません。
このような流れを全国に広めたいです。
連日、私たちは、県庁、地元、マスコミに連絡を取って
対応にあたっていますが、
みなさんにも、ぜひ、ご協力いただきたいです。

―――――――――――――――――――――――――――
?行政、マスコミにあなたの声を届けて下さい。
 ●たくさんの人のクマを殺さないでほしい、
  クマの棲める森を復元してほしいと訴えがないと
  世の中の流れは変わりません。

―――――――――――――――――――――――――――
?奥山どんぐり運びを大展開します。
    都市のどんぐりを集めて送って下さい。

 兵庫県(熊森協会本部)、福井県(友会の協力)、富山県(会員の協力)、
 京都府(支部にて)、滋賀県(支部にて)で行います。

 ●兵庫県へは当会事務所までお送り下さい。
 〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町5-4-A棟-101 
  
 ※他の府県の送り先はご連絡いただければお教えします。

―――――――――――――――――――――――――――
?当会の趣旨に賛同いただける方は
      会員になっていただきたいです。

 ●クマの出てきている多くの地域で
 野生動物問題に取り組む自然保護団体がないことが、
 大きな問題となっています。
 多くの人が自然保護団体の活動を応援しなければ
 野生動物や豊かな自然は守れません。

 ホームページを見て、当会の趣旨に賛同いただけるのであれば
 ぜひ会員になっていただきたいです。
 活動もお金も要らない、賛同会員の制度もあります。
 入会登録は当会のホームページからもできます。
 どんぐり運びなどの案内もご連絡をしやすくなります。
 
 資料が必要でしたらお送りします。
 よろしくお願いします。

******************************************
日本熊森協会 企画推進局長  瀬戸悠子
E-メール  fwja2167@mb.infoweb.ne.jp
URL:  http://hb6.seikyou.ne.jp/home/kumamori/
日本熊森協会事務所  10:00〜16:00(水・日祝休み) 
          tel/fax 0798-22−4190
******************************************

category: サステイナブル

cm 0   tb 1   page top

お蝶婦人に キノコ! 

今日は 大発見です!
毎週、ダイエットをかねて登っている五月山!
いつも夕方から登るけど、お昼まえの11時半ごろからのぼりました。

アサギマダラ 4羽
市民の森近くの すこし谷になったところ。
ノアザミの蜜をすってました。
もう、優雅で感激!*^^*
自然の会でマーキングを先日されたようですが、これらはされてませんでした。

アサギマダラが好きだという白いヒヨドリバナ、会のひとのアドバイス
どおり白タオルをもっていったのですが関係なかったようです。
マーキングするなんて、どんなすごい蝶なのかと思ってましたが、
自然の中でみると、本当に 優雅で お蝶婦人という感じです。

昨日の雨のせいか、たくさん、きのこの大きいのもみつけました。

私のデジカメ古いので めんどくさくて使ってないので、
検索で調べた 似ているキノコのサイトのせておきますね。

キタテハ 五月平ちかくで 4羽くらい

市民の森の駐車場にいくまでの 高台のところの
紫の茎と蕾?と豆のようなもの をもつ植物に
黄緑と黒の 蝶の幼虫 多数
この幼虫、何の蝶でしょう?

市民の森の 昆虫の林のちかく
テングタケ幼菌 高さ15cmくらい 1つ
http://www3.sppd.ne.jp/kin/z.cgi?n=1056884048

五月平の展望台ちかくミツバアケビ
http://www.ops.dti.ne.jp/~syokota/

ひょうたん島の入り口
テングタケ 直径15cmくらい 1つ
http://www3.sppd.ne.jp/kin/z.cgi?n=1058417224

ヒメカバイロタケ? 直径5cmくらい 
栗の渋皮をむいたようなかんじ 1つ
http://www3.sppd.ne.jp/kin/z.cgi?n=1031546674

市民の森の駐車場にいくまでの 高台のところ
カラカサタケ 直径25cmくらいの4つ
これには、メチャおどろきました。
いつもとおらない道なんですが・・・
http://www3.sppd.ne.jp/kin/z.cgi?n=1033393147

日の丸展望台にあがる土手
茶色で お好み焼きサイズで3cmくらいの厚さ3つ 
イグチのなかまかもしれませんが、いまいちわかりません。

今年は、5月6月、それから9月から いろんな色や形のキノコ発見で
ワクワク山歩きです!
キノコの話をすると、みな「食べれるの?」って聞かれるけど
ムーミン谷にいったようで、そのキノコの姿がかわいいんです。
山歩きされる方、キノコさがしをすると、もっと山歩き楽しいですよ。

category: カテゴリ無し

cm 0   tb 0   page top

お蝶婦人に キノコ! 

今日は 大発見です!
毎週、ダイエットをかねて登っている五月山!
いつも夕方から登るけど、お昼まえの11時半ごろからのぼりました。

アサギマダラ 4羽
市民の森近くの すこし谷になったところ。
ノアザミの蜜をすってました。
もう、優雅で感激!*^^*
自然の会でマーキングを先日されたようですが、これらはされてませんでした。

アサギマダラが好きだという白いヒヨドリバナ、会のひとのアドバイス
どおり白タオルをもっていったのですが関係なかったようです。
マーキングするなんて、どんなすごい蝶なのかと思ってましたが、
自然の中でみると、本当に 優雅で お蝶婦人という感じです。

昨日の雨のせいか、たくさん、きのこの大きいのもみつけました。

私のデジカメ古いので めんどくさくて使ってないので、
検索で調べた 似ているキノコのサイトのせておきますね。

キタテハ 五月平ちかくで 4羽くらい

市民の森の駐車場にいくまでの 高台のところの
紫の茎と蕾?と豆のようなもの をもつ植物に
黄緑と黒の 蝶の幼虫 多数
この幼虫、何の蝶でしょう?

市民の森の 昆虫の林のちかく
テングタケ幼菌 高さ15cmくらい 1つ
http://www3.sppd.ne.jp/kin/z.cgi?n=1056884048

五月平の展望台ちかくミツバアケビ
http://www.ops.dti.ne.jp/~syokota/

ひょうたん島の入り口
テングタケ 直径15cmくらい 1つ
http://www3.sppd.ne.jp/kin/z.cgi?n=1058417224

ヒメカバイロタケ? 直径5cmくらい 
栗の渋皮をむいたようなかんじ 1つ
http://www3.sppd.ne.jp/kin/z.cgi?n=1031546674

市民の森の駐車場にいくまでの 高台のところ
カラカサタケ 直径25cmくらいの4つ
これには、メチャおどろきました。
いつもとおらない道なんですが・・・
http://www3.sppd.ne.jp/kin/z.cgi?n=1033393147

日の丸展望台にあがる土手
茶色で お好み焼きサイズで3cmくらいの厚さ3つ 
イグチのなかまかもしれませんが、いまいちわかりません。

今年は、5月6月、それから9月から いろんな色や形のキノコ発見で
ワクワク山歩きです!
キノコの話をすると、みな「食べれるの?」って聞かれるけど
ムーミン谷にいったようで、そのキノコの姿がかわいいんです。
山歩きされる方、キノコさがしをすると、もっと山歩き楽しいですよ。

category: カテゴリ無し

cm 0   tb 0   page top

戦争の煙か・・・ 

今年のアカデミー・ドキュメンタリー賞を受賞した"Fog of War"フォッグ・オブ・ウォーという
米国のマクナマラ元国防省長官の長〜い映画をみた。

マイケルムーアのドキュメンタリーとは、まったく違い古典的な手法で
マクナマラ氏のインタビューをもとに 映画は淡々とすすむ。

内容が硬いし、淡々と話がすすむので、途中で私も寝てしまいそうだった。
字幕でみてるなら なおさらだと思うし、字幕だけでは もうひとつ
内容が伝わりにくい気がする。
そのせいか、途中、おおきなイビキをかいて寝ている人もいた。

マクナマラ氏の 生涯を通じての戦争とのかかわりを描いていくが、
はじめは、戦争においてでさえ、人間の命を重くみるマクナマラ氏に
ついて好感をもてたが、映画が終わりに近づくにつれて、彼はただ
自分の生き方を正当化したいだけで、晩年、世銀の総裁などという
重要なポストにつきながら、米国の肥大化する軍需産業に対して
口をはさんでこなかったというのがわかり、かなり腹立たしく
映画を見終わった。

「人間の本質はかわらない・・・」というような言葉がでてくる。
それはそうだけど、平和な世界を保つために 間違いを2度と繰り返さない
ように努力するのが 人間じゃないのかなぁ。
そして、権力の近くにいる人ほど、そうゆう人間であってほしいと思う。

category: 映画

cm 2   tb 4   page top

戦争の煙か・・・ 

今年のアカデミー・ドキュメンタリー賞を受賞した"Fog of War"フォッグ・オブ・ウォーという
米国のマクナマラ元国防省長官の長〜い映画をみた。

マイケルムーアのドキュメンタリーとは、まったく違い古典的な手法で
マクナマラ氏のインタビューをもとに 映画は淡々とすすむ。

内容が硬いし、淡々と話がすすむので、途中で私も寝てしまいそうだった。
字幕でみてるなら なおさらだと思うし、字幕だけでは もうひとつ
内容が伝わりにくい気がする。
そのせいか、途中、おおきなイビキをかいて寝ている人もいた。

マクナマラ氏の 生涯を通じての戦争とのかかわりを描いていくが、
はじめは、戦争においてでさえ、人間の命を重くみるマクナマラ氏に
ついて好感をもてたが、映画が終わりに近づくにつれて、彼はただ
自分の生き方を正当化したいだけで、晩年、世銀の総裁などという
重要なポストにつきながら、米国の肥大化する軍需産業に対して
口をはさんでこなかったというのがわかり、かなり腹立たしく
映画を見終わった。

「人間の本質はかわらない・・・」というような言葉がでてくる。
それはそうだけど、平和な世界を保つために 間違いを2度と繰り返さない
ように努力するのが 人間じゃないのかなぁ。
そして、権力の近くにいる人ほど、そうゆう人間であってほしいと思う。

category: 映画

cm 2   tb 4   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ