FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

billabong

ぼちぼち思うことを書いていきたいと思います。 *^ー^*

夏の数時間の話より安全・6月9日締切り 電気料金値上げにパブリックコメントを 

福島原発震災もされない、まだ福島原発からは
放射能は流れています。
原発は一度、稼動しはじめたら調整がむずかしく
普通の電化製品のようにすぐ停止とはいきません。

福島原発の検証も未だされず、また全国の原発
での原発震災対策も十分ではないのに、
政府は来週、若狭での大飯原発再稼動を決めよう
としています。

たった夏の2,3時間のピーク時の電力のために
電力がないと火力発電などで代替も考えず再稼動
をなしくずしにしたいようです。

若狭は大きな地震がおこる可能性が高く、もし
稼動中に大震災がおこれば福島より大きな被害
がおこります。1350万人の関西の水瓶の
琵琶湖も汚染され、自然も農作物も人の健康
被害も害されます。

下記はストップ・ザ・もんじゅからの情報

今年の夏、原発なしでも大丈夫
単純計算なら関電発表の供給力で40℃近くまで賄える

加圧水型の大飯3,4号再稼動の問題点
1.加圧水型にはベントがない。
2.免震事務棟をたてる土地がない。
3.加圧水型の水素爆発は格納容器でおこる。
4.加圧水型はメルトダウンがずっと早い。
5.加圧水型は圧力容器内の水位が測れない。
6.半島の突端で道がない。
7.若狭は活断層だらけ。

下記、協力いただけると幸いです。
また、効果的なのは、ご自分の地域の議員さんに
電話やFAXで抗議することです。
(関西と岐阜の議員さんの連絡先が必要であれば
ご連絡ください。)

再稼働を認めないで! 福井県と県の安全専門委員会にメールを送ろう
簡単な説明をみた後、 福井県と安全専門委員会に
意見を送れます

===================

東電は値上げによって賞与も確保されるとか。
福島震災の責任は誰もとらず、
放射能汚染で作業員はもとより広範囲に
わたる住民まで健康被害が懸念される中、
さらに電気料金の値上げをしようとしています。
こんな馬鹿なことはないと思います。
是非、パブリックコメントをおねがいします。

大飯原発再稼動問題:計画停電 vs 再稼動 

6月9日締切り 東電の一般家庭への電気料金値上げにパブリックコメントを

★遅すぎる事は何も無い!現実から目を逸らさず、
気付きを得よう☆ : 今 放射脳と呼ばれ笑われて
いる母親たちはこの写真を1年前には見てる
【閲覧注意】チェルノブイリの被災者 

長くなりましたが、今、再稼動を止めなければ
なしくずしに伊予原発も再稼動という形になる
可能性が高いので、是非、協力おねがいします。

-------------

拡散希望:ビックイシューの記事から知った
飯舘村 市民がつくる「被曝手帳」ダウンロード可能。
健康に配慮することで被曝による健康リスクを
ある程度下げる取組みができることも説明
hot spot地域のみならず、今後全国で必要に
なるような気がしています。
スポンサーサイト



category: サステイナブル

thread: 生活・暮らしに役立つ情報 - janre: ライフ

tag: 若狭  原発  健康  放射能  自然  電気代 
cm 0   tb 0   page top

緊急:若狭 大飯原発再稼動阻止の声を! 

みなさま

緊急のお願いです。

福島原発震災の検証もおわらず、まだ放射能も放出され続ける中
福井県若狭大飯原発再稼動を野田総理は自分の責任で判断すると
今日のニュースでは言われていました。

若狭には活断層がかたまっており大型地震がおこる可能性は大です。
また地震がおこらなくても、事故は起こりえ、老朽化した原発なら
なおさらのことです。

大飯原発は加圧式原発で、福島原発より構造が複雑で、事故になれば
より大きな被害が予想されています。
事故になれば1350万人の関西の水がめである琵琶湖が汚染されます。
放射能汚染は一国だけの問題ではありませんし、未来の世代にも
何十年にもわたり汚染をのこし、健康をむしばみます。

再稼動を阻止するために、声をお願いします。
関西と岐阜県の議員さんのリストが必要な方はメルアドをお知らせ
ください。

ーーーーーーーーーーーーー
緊急拡散:大飯再稼働決定阻止のため、首相官邸に抗議電話を!!
03-3581-0101 FAX 03-3581-3883
首相官邸へのメールならhttps://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

☆☆☆ 国会事務所と地元事務所の
TelとFax番号です。☆☆☆

野田佳彦
国会事務所
TEL:03-3508-7141
FAX:03-3508-3441
地元事務所
TEL:047-496-1110
FAX:047-496-1222

藤村修 (官房長官)
国会事務所
TEL:03-3508-7074
FAX:03-3591-2608
地元事務所
TEL:06-6337-3694
FAX:06-6337-4354

枝野幸男
国会事務所
TEL:03-3508-7448
FAX:03-3591-2249
地元事務所
TEL:048-648-9124
FAX:048-648-9125

細野豪志
国会事務所
TEL:03-3508-7116
FAX:03-3508-3416
地元事務所
TEL:0559-91-1269
FAX:0559-91-1270

仙谷由人
国会事務所
TEL:03-3508-7235
FAX:03-3508-3235
地元事務所
TEL:088-626-1059
FAX:088-655-9130

斉藤つよし(内閣官房副長官)
国会事務所
TEL:03-3508-7706
FAX:03-3508-3321
地元事務所
TEL:045-681-7733
FAX:045-681-1681

ーーーーーーーーーーー
福井県原子力安全専門委員会に声を!


今晩は、NGO e-みらい構想の長谷川羽衣子です。
皆さまご存知のように、野田総理と4閣僚(+仙石議員)による、
大飯原発再稼働の政治判断が今週中にも下されようとしています。

本日の4閣僚会議では、再び「福井県知事とおおい町長の判断を得て」
という結論に終わったようで、
今後、福井県の西川知事ととおおい町の時岡町長の判断が再稼働へ
の決定打となります。
その判断基準となるのは、福井県で継続されている
「福井県原子力安全専門委員会」の決定です。
奇しくも、今晩おおい町長が「福井県原子力安全専門委員会の結論を
受けて判断する」と発言しました。

前回傍聴したところ、安全専門委員会の何名かの委員は安易に「妥当」
との判断を下すことに強い懸念を持ち、抵抗しているように
見受けられました。
委員に対する働きかけが、再稼働の決定を左右します。
皆さん、専門委員会での発言を踏まえた抗議・応援をお願い致します。
以下、委員の方々の発言と連絡先です。
じゃんじゃんメールやFAX、お手紙を送って下さい!
どうか宜しくお願い致します。

とにかく、福島原発事故の検証も安全性の確保も行われていない今、
委員会が「再稼働は妥当」という結論を出したら、委員には
事故が起こった際「責任がある」ということを
訴えて下さい。もちろん、会議で一生懸命、問題点を指摘している
委員には応援と激励をお願い致します♪

------------------------------------------------------------
【福井県原子力安全専門委員会 連絡先(FAX・メール・郵送)一覧】
メールは★を送る時に@に変更ください。

●中川英之委員長●→抗議して下さい
委員が関電に対して質問したことに関電が答えられない場合、
勝手に自分で回答し、まとめようとする傾向が毎回見られます。
とにかく早く「再稼働は妥当」との判断を下したいように
見受けられます。委員からの疑問に関電が答えられない場合、
委員長である中川氏がそれを厳しく指摘しなければならないはずです。
<中川英之(委員長) 福井大学名誉教授>
(FAX)0776-21-6875 (「中川英之委員長宛」と明記して:原子力安全対策課)
(メール)gennan★pref.fukui.lg.jp

●泉佳伸委員●→応援&激励して下さい
断層の連動性を仮定した地震動および主要施設の固有周期について、
関電が「一部の周期で大飯の基準地震動を超えるものがあった、
しかし、その比率は大きいものでも1.4倍で、ストレステストの
クリフエッジ1.8倍を下回るから問題なし」と説明したことに対し、
「それぞれの設備を単体の固有振動数でしか評価していないようだが、
連結して評価したものもあるということなら、具体的で正確な資料
と説明をせよ。連結すると固有振動数が変わるが、この振動数が
地震の振動数と一致したところが最も弱いのだから。」
と食い下がっておられました。
さらにまとめでは、「規制庁もまだできておらず、今後もっと
国に対して、報告書の中で、委員会から意見を述べていく」と発言。
<泉佳伸 福井大学附属国際原子力工学研究所教授>
(メール)y_izumi★u-fukui.ac.jp 〒914-0055 福井県敦賀市鉄輪町1-4-42

●飯井俊行委員●→応援&激励して下さい
制御棒挿入性評価について関電が「2.2秒は目安であって絶対ではない。
11秒でも問題は起きないという結果が出ている」という趣旨の発言
をしたことに対して、「時間のパラメータが入っているか?」、
「それぞれの抗力の寄与度はどの程度か」、「地震による抗力が
大きいともっと大きくなっているのでは」等の質問をしておられました。
また、大飯発電所周辺斜面の安全性評価について関電が「対策は
充分」という趣旨の説明をしたことに対して、「専門家ではない
から言いにくいが、印象としてはこの解析結果は納得できない」
とか、 「みな内容があまりわかっていないで議論していたこと
がわかった」とか、中川委員長がまとめようとする中、頑張って
発言しておられました。
<飯井俊行 福井大学大学院教授>
(FAX)0776-27-9764 (メール)meshii★u-fukui.ac.jp 
〒910-8507 福井市文京3-9-1

●岩崎行玄委員●→応援&激励して下さい
制御棒挿入性評価について関電が「2.2秒は目安であって絶対
ではない。11秒でも問題は起きないという結果が出ている」
という趣旨の発言をしたことに対して、
「もんじゅで、制御棒が引き抜けなくなった事故があったが、
制御棒の一つが曲がってしまったら挿入できなくなるの
ではないか?」と質問。
<岩崎行玄 福井県立大学教授>
(FAX)0776-61-6015(メール)iwasaki★fpu.ac.jp
〒910-1195 福井県吉田郡永平寺町松岡兼定島4-1-1

●田島俊彦委員●→応援&激励して下さい
大飯発電所周辺斜面の安全性評価について関電が「対策は
充分」という趣旨の説明をしたことに対して、
「一度すべり始めたら、止まるというのはイメージとして
理解しがたい」、「仮想すべり線はどうやって想定できるのか」
など、かなり激しく批判。
<田島俊彦 福井県立大学名誉教授>
(代表FAX)0776-61-6011(田島俊彦さん宛)
〒910-1195 福井県吉田郡永平寺町松岡兼定島4-1-1

●三島嘉一郎委員●→応援&激励して下さい
飯井委員と同じく、制御棒挿入性評価について関電が
「2.2秒は目安であって絶対ではない。11秒でも問題は起きないと
いう結果が出ている」という趣旨の発言をしたことに対して、
「時間のパラメータが入っているか?」、「それぞれの抗力の
寄与度はどの程度か」、「地震による抗力が大きいともっと
大きくなっているのでは」等の質問をしておられました。
<三島嘉一郎 (株)原子力安全システム研究所 技術システム研究所長>
(代表FAX)0770-37-2008 (三島嘉一郎さん宛)
〒919-1205 福井県三方郡美浜町佐田64(株)原子力安全システム研究所

●山本章夫委員●→応援&激励して下さい
制御棒挿入性評価について関電が「2.2秒は目安であって絶対ではない。
11秒でも問題は起きないという結果が出ている」という
趣旨の発言をしたことに対して、「鉛直方向と水平方向の揺れの
相関性はないという評価の仕方は学会では一般的なのか?」と質問。
関電はそうだとの回答。また、大飯発電所周辺斜面の安全性評価に
ついて関電が「対策は充分」という趣旨の説明をしたことに対して、
「国の意見聴取会でさらなるコメントはなかったか?」と質問。
<山本章夫 名古屋大学大学院教授>
(FAX)052-789-3608 (メール)a-yamamoto★nucl.nagoya-u.ac.jp
〒464-8601 名古屋市千種区不老町

●その他委員●
「事故が起こったら責任がある」「住民の安全を守ってほしい」
「専門家としての責務を果たして欲しい」と訴えて下さい。


<西本和俊 福井工業大学教授>
(代表TEL)0776-29-2620(「西本和俊教授に伝言したい」と)
〒910-8505 福井県福井市学園3-6-1


<小野公二 京都大学原子炉実験所教授>
(FAX)072-451-2627
(メール)onokoji★rri.kyoto-u.ac.jp
〒590-0494 大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目 京大原子炉実験所


<大堀道広 福井大学附属国際原子力工学研究所准教授>
(代表TEL)0770-25-0021(「大堀道広准教授に伝言したい」と)
〒914-0055 福井県敦賀市鉄輪町1-4-42


<釜江克宏(臨時委員)京都大学原子炉実験所教授>
(代表FAX)072-451-2600(釜江克宏さん宛)
(メール)kamae★rri.kyoto-u.ac.jp
〒590-0494 大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目 京大原子炉実験所


<竹村恵二(臨時委員)京都大学大学院教授>
(FAX)0977-22-0965
(メール)takemura★bep.vgs.kyoto-u.ac.jp
〒874-0903 大分県別府市野口原
京都大学大学院理学研究科附属地球熱学研究施設


---------------------------------------------
NGO e-みらい構想
長谷川羽衣子(Hasegawa Uiko)
T&F:075-202-7584 e-mirai21@hotmail.co.jp
http://e-miraikousou.jimdo.com/
---------------------------------------------


category: 健康

thread: 地震・天災・自然災害 - janre: ニュース

tag: 原発  若狭  大飯  再稼動  汚染  放射能 
cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ